雨や曇りは続かない、晴ればかり集めてみました


by studio-serene
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2005年 03月 10日 ( 2 )

川で遊ぶも楽しい

c0005079_124165.jpg

キャンプの後、最後の日には温泉宿で一休み。
ゆっくりくつろぎたい。
一週間近くキャンプをしていると、普段使わない筋肉もフル活動。
朝から片付け始め車に荷物を詰め込み終わると、すでにお昼。
延々帰り道を行くのはちょっとハード。
予約しておいた近くの温泉場に行くことになります。
渓のせせらぎを聞きながら露天風呂に浸かって、ゆっくりの食事。
その日は温泉でぬくんだからだ全てに骨酒が染み渡って心地よく寝る。

そんな目の前にある小さな流れの中で遊ぶのは気持ちの良い物です。
そろそろ上がろうと言っても子供はなかなか川から離れようとしません。
うっかりすると唇が真っ青なんてこともある。
冷たいのを忘れてしまう位の魅力がそこにはある。

水清き所にいつかは住み着きたいと思うのである。
[PR]
by studio-serene | 2005-03-10 12:35 | 青空

山に登れば

c0005079_21531296.jpg

山に良く行っていたのも今から15年前。
アウトドアの取っ掛かりに始めたのが夏山登山。
その後渓流に志向が変わってしまったので、使える時間は山に行くなら釣りをしようになって今いましたが。
何であんなに苦労して山に登るんだろうと思っていましたが、180度のパノラマの魅力なんだと、頂の上で気付くので有りました。
達成感と頭のてっぺんから足にスコンと何かが抜けていくような感覚にとらわれました。
体の疲れもストレスもストーンと抜けていく幹事。
思い出せば、頂上に着くまでは苦難の連続。
過信していた自分の体力、何ともはかないものでした。
4人のパーティーでしたがいつも3人と離れ一人旅。
仲間の一人がのんびりカメラを構えて撮ってくれたのがこの写真。
全身汗だく、途中の大雪渓を登ったあたり心臓バクバク、頭の中真っ白状態。
生まれて初めてその真っ白感を味わいました。

幾久しく行っていない山の頂が妙に恋しくもなる今日この頃。
[PR]
by studio-serene | 2005-03-10 01:26 | 青空